郵便 転送 手続き

MENU

新住所へ郵便物を送ってもらうために

引っ越しをする際、郵便局に転送手続きを行っていないと、引っ越し直後に提出された郵便物は旧住所に届けられ、宛先人不在となり発送元へ送り返されます。もし賃貸で、旧住所に新しい入居者がいると、その郵便物を見られることもあります。
住民票の移動は引っ越し後に行うため、引っ越し直前に出された公的機関からの書類も、旧住所に送られることになります。そのため新住所への転送手続きを郵便局に提出する必要があります。

 

ポスト

 

引っ越し日が決まったらどこの郵便局でも構わないので、転居届のハガキを貰って必要事項を記入、捺印して投函するだけです。
arrow この手続きにより、1年間は旧住所宛ての郵便物を、新住所に無料で転送してもらうことができます。またインターネットによる申し込みでも、転送の手続きができるようになっています。郵便局が手続きを完了するには数日を要するため、なるべくなら1週間前には行っておくといいでしょう。
転送サービスの有効期間は1年となっているので、それまでに新住所を必要な所へ連絡するようにします。友人知人はもちろんのこと、銀行、保険会社、カード会社などと共に役所への住所変更手続き、各種免許の住所変更を行います。
転送手続きを怠って遠方へ引っ越した場合は、旧住所には簡単に取りに行けなくなるので、注意しておきましょう。