転校の手続き

MENU

公立の場合、私立の場合……。転校の手続きを確認しましょう

親子

 

お子さんのいるお宅では、引っ越しと一緒に転校の手続きもしなければなりません。転校というのはとてもポピュラーなイベントですが、いざ、自分でやるとなると、どんな手続きをすればいいのか、具体的に知っている方は少ないですよね。

 

転校すると、当然新しい学校に通うことになりますが、新しい住所が決まった時点で自動的に決まる場合と、こちらで恣意的に選択する必要がある場合と、2つのケースがあります。

 

公立の小・中学校に通う場合は前者、私立の小・中学校や高校の場合は後者になります。どちらに通うかによって、転校の手続きも違うので、確認してみましょう。

 

① 公立の小・中学校への転校

  1. 通学中の学校へ転校することを伝え、「在学証明書」と「教科書給与証明書」を発行してもらいます。
  2. 役所に「転出届」を提出し、「転出証明遺書」を発行してもらいます。
  3. 転居先の役所に「転入届」と「転出証明書」を提出します。ちなみに、これは他の市区に引っ越す場合です。同じ市区内に引っ越す場合は「転居届」を提出するだけで充分です。
  4. 教育委員会から「入学通知書」を発行してもらいます。教育委員会は役所内に設置されているので転入手続きのときにまとめて行うといいですね。この通知書に、転校先の学校に連絡を入れ、後日「在学証明書」、「教科書給与証明書」、「入学通知書」を提出して、転校の手続きは完了です。

 

② 公立高校への転校

  1. 通学中の高校から「単位習得証明書」と「在籍証明書」を発行してもらいます。
  2. 通いたい高校を選び、自治体の教育委員会に入学可能かどうか確認します。生徒の欠員があり、応募要件(学校ごとに違います)を満たしていたら、編入試験を受けることになります。

 

③ 私立の小・中学校、高校への転校

基本的には、②のケースと手続きは同じです。小・中学校は義務教育ですが欠員がないと入学できないことに注意しましょう。

 

また、応募要件や必要書類など具体的な手続きについては、小学校は各学校へ問い合わせてください。中学校と高校は「都道府県私学協会」で、編入についての情報を確認することができます。

 

 

引っ越し準備のやることリストはこちら